FC2ブログ

川和モーターサイクルのブログ

正面の写真を撮り忘れてしまったんですが車検でお預かりしたブルバードM109Rです。エンジンは1800㏄(!)重さは350キロ(!)タイヤの太さは隣のSRの倍の240(!)でした…
P1430097.jpg

店は狭く感じるし、エンジンかけると室温がみるみる上がるし、重低音が腹に響いてなんとも刺激的でした。ハンドルに体がちょっと触れたりしてもピクリとも動きませんからね。

車検場までの道すがらは私が一番目立ってたんじゃないか?ちょっと気持ちよかったです。自分のバイクじゃないけど…




大型の逆車も出来るだけのことは対応しますが狭い店ゆえ、ご来店前にお電話いただけると助かります。



ご注文いただいて仕入れて来ました。

スーパーカブ110プロ (JA07)
P1430104.jpg

JA07ってところが大事でして、これだけ国内生産なんです。このあとすぐに海外生産に変わってしまったので取引量が少なくて苦戦しそうだったんですがきれいな車体があってよかったです。



雨の予報が増えてきたという噂がありますが気にしないように頑張ります。




研修時の林道走行の動画を編集しました。オンロードも撮影したんですが画面の揺れが気持ち悪くて見れたものではありませんでした。なぜかオフロードの方が鮮明でカメラの固定の仕方の問題だと思います。今後の課題にします。
派手なことは起きません。ご興味ある方だけご覧ください。

[広告] VPS


転ぶと後ろを走っているK氏に大爆笑されそうなので慎重に走っています。撮影&走行した自分にだけ伝わってくる緊張感があってオモシロかったです。





5月29、6月5、12、19、26日(火曜日)は定休日です。



某車ウェイトローラー粉砕。1個くらいならよく見かけますが3個全部とはまた激しいです。
P1430079.jpg

念のため向きに注意して組み立てたりします。
P1430084.jpg

こちらのリレーは熱を持ったようです。
P1430087.jpg

外してみるとカプラーまでデロデロ。カプラーは修正、リレーは新品に交換となりました。
P1430090.jpg


ご縁あってイタリア車に乗らせてもらったりして。
モト・グッチ ネバダクラシック
P1430091.jpg

ネバダ州で白バイに採用されていたからのネーミングだそうです。外車はどうしても大味(失礼)な印象を持っていたんですが、これが大型(750cc)とは思えないほど軽くて程よい鼓動感で走って驚きました。中古は取引されているんだろうか?なんて調べてしまうほど。
結果、無いわけでないんですが超〃激レアでした。Tさん貴重な体験をありがとうございます。



新車をご注文いただいて準備していたのが今日納車となったのでした。

ホンダ レブル250  このあとリアキャリとナックルガードも取り付けました。
P1430054.jpg

こちらは軽くて足つきもよく、ハンドル位置もほどよくコンパクトで乗りやすそうでした。 6速あるのもいいですね。


250のアメリカンで不満が出がちだった 「フロントホイールが細い問題」 も解決!キャストホイールなので当然、チューブレスタイヤです。
P1430058.jpg

「シートが分厚い問題」 というのもあったんじゃないか。これはむしろ薄手でカッコいいです。
P1430051.jpg

裏には工具が仕込んであってカンペキ!
P1430053.jpg




人気で品薄だそうですが当店でもご注文いただけます。




いけませんな。
P1430071.jpg

2年前にこの車体を買ってくれたM君は意外とヘビーユーザーで1万キロほども乗ったのでした。コレ、今は珍しいチューブタイヤなんです。部品屋さんに在庫があるのか心配してたんですがまだ普通にありました。即刻前後交換となります。





こんなSR500を仕入れてこっそり(?)準備していたんですが、「500が入ったら連絡ください」とお話をいただいてNさんにお見せしたらサックリご成約いただいたのでした。気に入ってもらえてよかったです。

SR500 1985年型  昭和のモデルは少なくなりました。
P1430060.jpg

細部までじっくり見れる機会もそうないので楽しみです。






およそ20年前から憧れではあったけど買わずにやってきた大型のツーリングバッグです。使い勝手はいいんでしょうけど、ビンボーな若者が3~4万で旅を計画してるのにバッグで2万円て!たとえ5~6万用意できたとて、その時は5~6万の旅程にしたいし。ツーリング以外では使わないし。

高嶺の花だったワケですが、ついに!使わなくなったと言うお客様から譲っていただいたのでした。
P1430038.jpg

簡単にモノが出し入れできる上段と
P1430039.jpg


頻繁には開けない下段で2段構造になっています。メーカーの方の話によると、中のベルトは荷物を押さえるだけでなく、バッグのフレームを突っ張って剛性を高める役割もあるそうで、必ず留めたほうがいいそうです。
P1430040.jpg

前オーナーさんは北海道、四国、九州を走破されたそうでこれくらいの傷みは勲章のようなものですが
P1430044.jpg


消耗パーツは単体で購入できます。
P1430042.jpg


で、やってみるとコレ、サイコーです。通常、バイクに荷物をくくり付けるときはバイクと荷物の両方を同時に押さえてゴムひも等で何重にも締め上げる訳ですがこれが意外と大変なんです。ところがバッグだと車体に載せて→バックルを留めて→ベルトを調整とたったのスリーステップ!揺れない、外れない(いまのところ)、見た目スッキリ!中に忘れ物をしても全部をほどく必要はなくチャックを開けるだけ!まさに革命!
IMG_2283-2.jpg



で研修会場はこんな感じ。
IMG_2298.jpg


実習場はこんな感じでした。
DSC00069.jpg


より詳しい場所やルートは店頭でお話ししています。

また、ツーリングバッグは当店でもご注文いただけます。フィッティング等々お手伝いいたしますのでお申し付けください。



ブレーキレバーを握った時にカチンと言っているのはコイツです。(ドラムブレーキは音がしません)
非接触 → ブレーキランプ オフ
P1430012.jpg


接触 → ブレーキランプ オン です。カチンカチン音はするのにブレーキランプが点かない時は
P1430014.jpg


ここにペーパーを差し込んでおそうじします。ン万キロも乗ったマシンの場合は交換をおすすめします。
P1430018.jpg



では研修に励んで参ります。





今日の朝霧高原だそうです。
K氏SRとO女史W650 雨の予報だったのにいいカンジです。
IMG_2280.jpg
まだちょっと一人走行には不安があるO女史をKさんが先導してくれたのでした。

K氏はフォロワー数も多くてリアルも充実だなんてけしからん羨ましい…

そろそろ業としてツーリングガイドのようなことが出来るんじゃないか。そしたらウチが窓口になろうっと。






5月21、22、29日は店休日です。