FC2ブログ

川和モーターサイクルのブログ


スィングアーム分解点検中の図
P1330289-2.jpg


古いバイクはコレやっとくと乗り心地が激変するんですけどね。巷ではやってあるバイクは少ないです
今回のビラーゴもおそらくは21年ぶりに分解されたものと思われます。シャフトは少し錆びていましたが問題なし
P1330284-2.jpg


一番大事な摺動部
P1330297.jpg


グリスが乾ききってパサパサだったのを新しいグリスでベットベトにしておきました
P1330303-2.jpg


古いバイクはやりがいがあります


このホイールをチェックしていきます。タイヤのヒビがすごいなF君どうする?山はまだあるけど…
P1330245-2.jpg


こんな道具でブレーキドラムの内径を測ります。距離の割には減っていましたがなんとかセーフの範囲内でした。社外品のブレーキシューを使っていたことがあるか、何かトラブルを抱えていたかなんて推測します
P1330241-2.jpg


摩擦面はキッラキラもデッコボコもできればどちらも遠慮したいです。これはサビが発生したことがあるようです。軽くペーパーをかけておきましたがこのままブレーキを使っていって、たまに手入れをすればいいカンジになる予定です
P1330239-2.jpg


ベアリングは問題なく回ってはいましたが油分がまったく無くてアヤしいので交換します
P1330248-2.jpg


パネルはオーバーホールしてシューは面取りします。
P1330257-2.jpg



その ↑ ブレーキを作動させているのは右のペダルですからこちらも分解、給油していくんですがケーブルがダメダメでした
清掃などなど試してみますが効かないようなら交換となります 
P1330258-2.jpg


古いバイクはやりがいがあります

PCX
傷んだカウルを一つ取り替えるのにエライ苦労してしまいました
新型PCXは旧型と分解の仕方が全然違って勉強になりました

P1330273-2.jpg

やっぱ黒はね、パリッとしてた方がカッコいいですな
P1330279-2.jpg


疲れたので本日の更新は以上です



中古車の整備は
まず乗ってみないと調子がいいか悪いかも分からない → 乗ってみるにはキャブレターの調子が良い必要がある → 調子がいいキャブにするには部品が必要かもしれない → どんな部品が必要か分解しないと分からない → よし、キャブを分解だ。

おおざっぱに言うとそんな感じで始めるんですが
注文をいただいて仕入れてきた今回の車両は分解もする前から怪しげな所がありまして

地味にガソリン洩れ
P1330204-2.jpg


スロットルケーブルがちゃんと付いていないし
P1330207-2.jpg


加速ポンプなる部分も正しく機能していませんでした
P1330208-2.jpg


最初の二つは簡単に直るとして、加速ポンプはなぜかと調べると
22番の下のバネが
P1330232-2.jpg


どこを探しても入っていないのでした
P1330228-2.jpg

年代物のバイクはイロイロなユーザーさんや業者さんを経由しますからこういうことが起きてしまうのは残念ながら茶飯事で驚きません。仕入れ先にも文句は言えないことになっています


中古車を買おうと思っていたのに心配になってきた方は新車か、ワンオーナーか、なるべく高年式の物を買うのをお勧めします
(当店の在庫車は高年式の物を多くして私がキビしく見た上で保証をお付けしています)


F君、心配になってきたかい?これはまだまだ序章だぞ









某モペットのブレーキ内部です。ヴォーグもトモスもチャオも、モペットのブレーキはハッキリ言ってヒドいです。効き、操作感ともにイマイチ

ン十年も同じデザインで来ているので仕方ないとは言っても乗り手さんもあきらめすぎかと。個人輸入などで入って来ているものは新車の頃から一度も給油されていないので、一度ちゃんと手入れしてやるとかなりマシにはなります。

P1330198-2.jpg


こちらは同モペットのホイール内部です。リムバンドは何か所か貫通していて付いている意味が無くなっているというのもよく見かけます
厚いタイプの物に取り替えるのがおすすめです
P1330199-2.jpg



そして某君増車計画が進行中です。「速いのも一台持っておいて、アメリカンも一台欲しい」 と。 かつ、「スロットル全開にしても速くないヤツ」 と、いうことでビラーゴ250になりました。ありがとうございます
P1330195-2.jpg


自転車界ではマウンテンバイクとロードバイクといった感じで複数台持っているなんて方はたくさんいるんじゃないでしょうか。4輪で4駆とスポーツカーと言うとかなりセレブっぽいですね。 バイクも…いいですよぅ? その日の気分で乗り換えるなんて…


ビラーゴは意外と年代物なので頑張って整備していきます




走行中にエンストで入庫したFTRです。
ホンダのエンジンがトラブるのは珍しいんですが点検口だけ開けて調べていると
P1330129-2.jpg


カムチェーンテンショナーが機能していなくてエンジンを下すことが決まってしまいました
P1330137-2.jpg


エンジンを下してピストンを見てみると
P1330151-2.jpg


バルブで打った痕があって
P1330153-2.jpg


排気バルブも曲がってしまっていました
P1330160-2.jpg


高額になりそうな修理の場合はなるべくお客様に状態を見に来てもらってそれからご相談の上、進めていきます


今回は避けようもなく不運でしたがエンジンから異音(カラカラ、カチャカチャ、ジャラジャラ)がする時は乗れてもそのままにしないで一度見せてもらえると故障を避けられることもあります





「最近ブログが面白くないんじゃないか?もっと細かなネタを載せろ」 と、某常連Oさんに言われてショックを受けています

閉店後に引き上げや納車に行くのでうまく時間が取れないんですね。そのOさんにはよく食事に誘われるし…と、言い訳。

ちなみにOさんはSNSとかやってるのか聞いてみたら 「メンドクサいから止めた」 そうです。


はい。仕入れてきた中古の原付を準備中です
いつも通り走行距離が信用できるか確かめるべくブレーキを分解してみると、これはきれいな部類でタイヤも当時物のままでした。
P1330093-2.jpg


ついでに給油しておこうとスタンドを分解してみると
P1330107-2.jpg


すり減ったり曲がったりしていることが多いシャフトも無事でした
P1330100-2.jpg


走っている間中、振動が加わるし距離乗っているとスタンドを使う回数も増えるので
ここ↓が目に見えて細くなったりするんですが平気なようです
P1330105-2.jpg


そう言えば鍵穴もきれいだったな。の図。
P1330111-2.jpg


参考に、12000キロ乗っているウチの代車は塗装がハゲてこんなんなっちゃっています。
P1330149-2.jpg



こんなレッツ4です。走行5200キロはホントだと思います。きれいでおススメです。
DSC00213-2.jpg


まだ準備中ですが下見、商談大歓迎です
DSC00216-2.jpg





11月24日、12月1、8、15、22日(火曜日)は定休日です




某車のドレンボルトです。オイルを交換しようと外したところ磁石になっている部分に鉄粉がたくさんついていました。

これ、マズい兆候でエンジン内部が傷んでいることが予想されます。当店で今分解しているエンジンもこうなっていました
P1330018-2.jpg


本当はこんな感じ
P1330020-2.jpg

普通はいきなりエンジン分解とはいかないのでまずはオイルだけ交換して様子をみてもらいます



またまた閉店後にKさんとパトロールしてまいりました

ダウンはまだ必要ないかな。自分はペラペラのジャケットを二枚着てれば平気でした
Kさんはアンダーも履いてライダースジャケットですが長距離じゃなければアンダーはまだ要らなかったな、と。
IMG_0955-2.jpg


諸々の都合が合えば第三土曜はナイトツーリングの日にしようなんて話になりました。これから寒くなるっていうのに。

参加自由です。ラインを交換しあおうかと考えています。参加希望の方は空気圧でもチェックしにご来店ください

とっても希少となった車両を委託販売しております

CB400 フォア (NC36) 
P1320891-2.jpg

走行7000キロで当たり前ですが偽りなし。 車検は28年2月までですが別途取り直して2年付けることも可能です
フルノーマルでピカピカにきれいです。大事に乗っていただきたい一台です

当面、中古車サイトや雑誌には掲載しない予定です

詳細はお問い合わせください