FC2ブログ

川和モーターサイクルのブログ

トラックを使っての引き上げや納車は閉店後に行くことが多いです

P1320088-3.jpg

今日はこれから相模原に向けて出発します

昨日の紹介動画にキャプションを付けてみました

[広告] VPS



10月も6、13、20、27日と火曜日が定休日となります


試乗等で一番よく使っているヘルメットが武装されました

P1320071-2.jpg



で、早速
中古車の紹介に使えまいかと走ってきました
車両は中古車サイトに掲載中のアドレスV125S です
[広告] VPS



ただ淡々と走っていますが要するにアドレスは好調です。もちろん、ご成約後に再度、各部点検してからお渡し致します。

走行は24000キロ ワンオーナーで116000円(諸費用別)です。

よろしくお願いいたします!!

昨日とは打って変わって朝からバタバタした一日でした

写真を撮っているヒマもなかったのでこちらにて

川和町所属ではなく茨城県は日立市所属です
IMG_0875-2.jpg


本日の更新は以上です

お次はこちら
KWさんありがとうございます
P1320050-2.jpg

今日は17時頃まで人っ子一人来られなかったので作業ははかどりました。部品が届いた順、診断だけ先にしとこう順など、その時々で作業の順番は替わることがあります。皆様もう少々お待ちください。
某車の燃料ポンプ内部です
P1320039-2.jpg

このペラペラのゴムが少しでも破れるとダメ
P1320042-2.jpg


こちらは別の某車のキャブレター内部の部品ですがすでに破れています
P1320031-2.jpg


溶かしてみたりゴムのりで貼り合わせてみたりは大昔に試しましたがダメで、新品に交換するしかないです
P1320032-2.jpg


新品でも外国製は破れやすかったりするし自分では作れないし、ゴム部品はある意味金属や樹脂より厄介です。

旧車や輸入車は注意が必要な点かと思います



バラけてやって来るベアリングボールは直径3~5ミリのものがほとんどで、バイクによっては一台で40個ほど使います。落とすとよく転がって探すのに店中這い回るようになるので
P1320012-2.jpg


落とさないように磁気化したピンセットなぞ使っています
P1320016-2.jpg


グリスの中に並べている最中です。これでやっと4分の1。この後ももくもくと並べて車体は無事お客様にお返ししました
P1320019-2.jpg



連休でツーリングなどに行かれた方からお土産をいただいてしまいました。ありがとうございます。
店頭にありますのでタイミングが合った方は召し上がってください
P1320023-2.jpg


昼間はまだちょっと暑いですが朝晩はバイクには最高な季節となってきました



Y様 ありがとうございます
P1320006-2.jpg

ご成約いただいて少し在庫が変わっています。最新の在庫状況は → こちら  からご確認ください


9月22、29、10月も6、13、20…と、火曜日が定休日です


このブログを私の安否確認に使われている方々がいらっしゃるので念のため。
昨日はサーバーの不調でPCからもタブレットからも更新できなかったのでした。そんなこともあるようです。

あと、「ウェビックモトサーチ」から在庫車両にお問い合わせをいただいた方にも、一部こちらからの返信が届かないトラブルがあるようです。もしここを見ていたら、知らないアドレスからのメールを拒否する設定にされている方は解除して再度お試しください。もしくはメールフォーム、電話からでもお気軽にどうぞ。




パックリ開いてしまって盛大な音を奏でていたマフラーです。排気ガスは熱い上に水蒸気を含んでいて圧力もかけているので古いバイクでは驚きません。
P1310981-2.jpg


何か所か溶かし付けてみた図。隙間がよけい大きくなってしまったところは特に錆びて薄くなってしまっているところですがなんとか直りそう
P1310984-2.jpg


で、全自動ロボット溶接機(たしか安いものでも数千万円)のようにとはいきませんが閉じました
P1310993-2.jpg


他の部分が開かないことを願いつつしばらく乗ってみていただくようになります。


社外品のフェンダーレスキットです。よく見かけるこのタイプはお手軽でいいんですが
P1310943-2.jpg


FRPで出来ているのでひょんな拍子にカンタンに割れてしまいます
P1310946-2.jpg


アルミ板で補強しようということになりまして材料を切り出して一度曲げたところです
P1310955-2.jpg



車体にはめたり外したりを繰り返しながら穴を開けたりしてほぼ完成形がこちら
自分ルールでは曲げも穴あけも1ミリくらいはズレていいことになっています。バイクの場合、例えばどれかが3ミリ以上ズレたらもう車体に付かないと思います。加工中に失敗したものは修正するより作り直す方が早いのでやっていたヤツはゴミ箱行きになって最初からやり直したりします。これまで何度もそんな経験をしているので私は製造業の人を無条件に尊敬しています。
P1310964-3.jpg



自分で作っていたクセにピタッと付くと感動したりします。これでよほどのことが無い限り割れないでしょう
P1310972-2.jpg


車体はバリオスですが少しは歪んだ車体に合わせて作っているので複製、量産は出来かねます。
同様の症状は別途ご相談ください。