FC2ブログ

川和モーターサイクルのブログ

SRのアルミ部分の腐食はSR乗りの間では有名です

たまには磨いてればこんなにはならないんですがこちらは放置されてた期間もあったのだと思います

P1290243-2.jpg

きれいにするには色んな方法がありますが今回は予算の都合で耐水ペーパーで磨いてみました
あえてピッカピカにはしないとか、黒く塗るのだとかも可能です
部品の着脱は当店で行ってバフ掛け、塗装、コーティングはプロの業者さんにお願いします

磨いただけだと白いブツブツはできなくてもじきに黒ずんできます
こちらはこれで一旦様子見に
P1290255-2.jpg


ちなみに先日買っていただいた車両はこんなでした。ラッキーな方かと
P1290258-2.jpg


それで今売り出し中の車両がこんなです。放熱フィンの部分が多少ザラザラキテますが94年式にしてはきれいだと思います
P1290262-2.jpg



いま発売中のグーバイクに掲載中です
よろしくお願いいたします!
P1270611-2.jpg
クリーブランド エースのテストは地味に続けています

タンクを下ろさずにバルブクリアランスを調整するという横着を覚えてしまいました

バルブクリアランスは日本語で 「弁すき間」 と言うと親近感が湧く気がしています

弁すき間は狭すぎるとエンストや始動不良などの不調が、広すぎるとカチカチという音が問題となりがちです
P1290203.jpg

スクーターや大排気量のバイクで調整を希望される方は少ないです。実際、変化も少ないので何万キロも乗らない限り必要ないかもしれません。当店では空冷の単気筒にはたまに調整することをお薦めしています。SRやTW、グラストラッカー系、クリーブランドは変化が大きく分かりやすいと思います


エースは新車の時にやや広めに調整したんですが1000キロほど走ったら音が大きくなってきました

今度はキツめに調整してしばらく乗ってみようと思っています
P1290205.jpg




こんなシックネスゲージなるものを弁が押される場所に差し込んで調整します。シックネスゲージは日本語で 厚さ測定器 でしょうか?
P1290208-2.jpg

よく使うものだけ先がヘロヘロになってその度に買い換えるので使わないサイズが大量に余っています。厚さ0.3ミリ以上のシックネスゲージが欲しい方はお声かけください。


2月27日(金曜日)の日中は所用のため休業いたします

15時頃には戻って開店する予定です。電話はつながりますのでいつでもおかけください





これくらいにまで錆びてしまった安い部品は
P1290226-2.jpg


交換してしまうのがオススメです。磨いて直せないこともないんですが表面処理がヤラレているとまたすぐに錆びてしまいます。新品の表面はたまにワックスするだけで数年は大丈夫です。
P1290228-2.jpg



大事にしているバイクの第一印象が
P1290219-2.jpg


ガラッと変わります
P1290230-2.jpg


国産車はほとんどの部位がネジ一本からご注文可能です

先日オートバイの歴史の本を読んだのに影響されてか、
休みを利用して後学のために(?)オートレースを見学してきました

いい意味で古くさい音と接触しそうな抜きあいにシビれました
コースと同じ高さの場所で見てるとタイヤが焼ける匂いがしました。不思議とオイルやガソリンが焼ける匂いは感じませんでした
IMG_0530-2.jpg


ミュージアムには歴代のマシンが展示してありました。このハンドルの方が乗りやすいのには驚愕します。ブレーキもありません。車体は軽そうなのにエンジンは600ccあるので恐ろしい加速のはずです
IMG_0524-2.jpg


昭和中期(だったと思います)に使われていた単気筒のメグロです
キャブレターやエンジンのカバーが凹状に、しかもカタカナで抜いてあってそこだけ色を付けるなんて今のメーカーはやらないんじゃないでしょうか
IMG_0522-2.jpg


キャブレターにウェスを突っ込んでおくのはお約束のようです
IMG_0519-2.jpg


川口オートへは横浜から1時間ちょっと。無料駐輪場もあるし車券をホドホドにすればバイク好きには楽しいツーリングスポットかと思います



W君 教習所は頑張っているかい?

整備の方はゆっくりめだけど着々と進んでいますよ

前まわり進行中の図
P1290134-2.jpg

フタはいかにも安いパッキン無しから
P1290152-2.jpg

気の利いた方に変えてあります
P1290153-2.jpg

手が空いたら住民票お願いします


今週中に車検取得の予定です

安い中古の原付はたまに売れては入れ替わっていきます

今のオススメはこちら
ホンダ トゥデイ  走行6800キロ 39800円 (諸費用別)
P1210185-2.jpg

キャブ、ベルト類、ブレーキ、スタータスイッチやウィンカースイッチもオーバーホールしたら新車のような乗り心地になってます。
写真では白っぽく見えますがメタリックなシルバーです

よろしくお願いいたします


2月20日(金曜日)の日中は所用のため休業致します

13時頃には戻って開店する予定です。電話はつながりますのでいつでもおかけください




こちらは先輩から教えてもらったワザなんですが

最近、オイル交換の時には調理用の計量カップに廃油を落としています。原付のエンジン下にちょうど収まって廃油量が一目瞭然
P1290116-2.jpg

トゥデイでオイル交換せずに4000キロほど走ると150ccも消費してしまうことがあるようです。(正規のオイル量は700cc)

過去には600cc以上消費しながら6000キロ走ってエンジンが壊れてしまったのを見たことがあります

使っているオイルや乗り方にもよるんでしょうけど3000キロ前後で交換するのが安牌ラインかと思います
こんな原付をご成約いただきました。E様ありがとうございます

P1280499-2.jpg

合間をみて少しずつ直してたんですがちょうどいいタイミングで決めていただきました

試乗してみて最終的な点検を終えたら納車となります