FC2ブログ

川和モーターサイクルのブログ

PCX Yさん号が12ヶ月点検で入庫中です。

マフラーのように見えるこちら、実はエアフィルターだったりして。
P1510419.jpg

吸入口はわりとむき出しなので横殴りの雨とかちょっと心配。洗車なんかも注意が必要です。
P1510431.jpg

フィルターはこんな。洗ったあとフィルターオイルを含ませます。
P1510423.jpg

その他問題なく終わってブレーキフルードを交換中の図です。経年劣化で色もそうですが微妙にトロみがついてイヤな感じになります。
P1510440.jpg

本当はこういう色なのでした。
P1510444.jpg





1月21、28日(火曜日)は定休日です。




一昨日とは打って変わって理想的な交換タイミングのブレーキパットです。
ドライバーが指している所にも溝があったんですがすり減って平らになり始めたところでした。
P1510360.jpg

新品はこう。
P1510361.jpg


ブレーキキャリパーとディスクをこう見たら左側(下側?)から覗くと残量が見えやすいです。右側から見たのではフェンダーやフォークの陰になりがちです。
P1510389.jpg


新品の分厚いパットがディスクを挟んでいるのがわかるでしょうか。
P1510393.jpg

今度もっと鮮明な写真を撮るように努力してみます。


極寒なので帰ります。通勤でも乗られる方は明日の朝は凍結にご注意ください。



オイルを抜いてケースカバーを外してむき出しのマグネットです。コイツがコイルの周りをグルグル回って発電します。
P1510275.jpg

コイルは再利用するのでお引越しの図です。配線を取り出している所からオイル漏れが発生したりするので液体ガスケットで二重に対策したりします。
P1510282.jpg

旧のほうは路面で打ってひび割れてしまったのでした。
P1510289.jpg

ピカピカになって現場復帰です。
P1510286.jpg


それなりに年数経っている車種なんですが新品のカバーがあってよかったです。廃番で部品が無い場合は別の方法を模索しますが納期、予算ともに嵩みがちです。




某ハーレーの新旧スタータークラッチなる部品です。スタータークラッチはどのバイクでも割と高価なものですが大排気量の輸入車のは特に高くて驚きました。輸送料がかかってしまうので仕方ないんですが。しかも今回のコレは実は日本製なので日米間一往復してるじゃないか。
P1510306.jpg

今回のように少ない部品点数で直る症状はまだいいですが、スターターだって本当は数十個~の部品で機能してますので運悪く重症化して、数十個×送料?みたいな想像をすると冷や汗すら出てきます。若者にはとてもお勧めできません。

ちなみに一応逆のバージョンも見たことがあって、日本国内ではフツーな部品が海外ではとんでもない値段になっていたりします。






1月14、21、28日(火曜日)は定休日です。



この付近からオイル漏れです。過去の確率的にはシフトペダルが付くシャフト、スプロケットの裏のオイルシール、ニュートラルスイッチの順といったところかと。
P1510215.jpg

掃除して一晩置いていただけでは判明せず、一回り乗ってきたらすぐに判明しました。
スプロケットの裏から滴ってきています。
P1510218.jpg


チェーンとスプロケットを外してオイルシールを引っ張ってみたらポロっと簡単に取れてしまいました。経年で硬化、痩せていたものと思われます。
P1510267.jpg

新品をムギューっと入れて完成です。
P1510271.jpg


このまま暖冬なカンジでいいんですがまだ油断はなりません。