FC2ブログ

川和モーターサイクルのブログ

某車ブレーキパットです。オーナーさんのお話しではしばらく前に新しく交換したとのことだったんですが消耗が早い社外品だったようでもう残ゼロでした。
P1480292.jpg


それで今回は純正品を取り寄せて交換しました。寿命が延びる上に少ーしブレーキのタッチが良くなるのがわかるといいんですが。
値段は純正品のほうが数千円高いんですが、使えた距離も加味して計算すると純正の方が圧倒的にお得だったはずです。
P1480298.jpg


引き上げに出発するので本日は以上です。



プラグコードがひび割れてプラグキャップから抜けてしまうあるあるが発生の図です。ゴムが古く、硬くなる上にプラグ交換の時に意外と負担がかかるんです。
P1480270.jpg


メーカー発表のセオリー的にはイグニッションコイルから丸ごと交換が必要なんですが、ワリとお高いヤツなので
P1480272.jpg


ひとまずプラグコード部分だけを汎用品で
P1480286.jpg


長さを合わせて交換してみるのがよろしいかと思います。
P1480288.jpg



依然、梅雨明けが待たれます。


7月16、23、30日(火曜日)は定休日です。





某原付の駆動系の一部分です。クラッチ兼変速機なんですが駆動系の部品の中でも最も高価なヤツです。
P1480240.jpg

金属なのに破れるように穴開いてます。
P1480245.jpg


滑らかであってほしいナナメ部分もガタガタ。
P1480253.jpg

真円だった穴は楕円に。
P1480261.jpg

つまり全部アウト。
P1480252.jpg

それもそのハズ。原付としてはありえない距離走ってます。過去30回分の業者間オークションの取引履歴で同じ車種を見てみましたがこんなに乗っている人はただの一人もいませんでした。
P1480264.jpg


そしてもう一回だけ直してみようということになっています。楽しみなような、買い替えてほしいような…




毎年、夏前後に入る重整備を「この夏のビッグイベント」と呼んでいます。去年は250ガンマのエンジンをやって、一昨年はグランドマジェスティのエンジンだったと思います。一番忙しい時期の通常の業務をしながらの重整備なので納期は長めにいただく傾向にあります。

今年はこちら。CT110の中古のミッションだそうです。こんなものが取り引きされていることにバイク屋が驚きます。普通な人が見たら「鉄くずじゃないの?」となりそうですがお金を払って買う人もいるんです。
P1480232.jpg

中古なのでこのまんま使う訳にもいかず、パッと見50個以上の部品から出来てるんですが一個一個点検することから始めます。



某原付のフューエルコックを交換の図です。右上のインとあるのがタンク側で左上のアウトがキャブレター側で、左下のがそれらを断続させる負圧ホースになっています。
P1480223.jpg

フューエルコックの壊れ方としてはガソリンが流れなくなるものと逆に流れっぱなしになるものがあるんですが今回は流れっぱなしバージョンでした。流れっぱなしバージョンは乗れるには乗れるんですが万一、ガソリンが漏れだすと危ないので念のため交換をお薦めしています。


相変わらずの天気で我慢を強いられています。お客様方も洗濯物が乾かないとボヤイてました。